茨城県技能士会連合会

事業の目的及び概要

  1. 事業の目的

    人手不足が深刻な分野において、従来の公共職業訓練の枠組みでは対応できない人材育成の取り組みを通じて、当該分野における安定的な人材の育成・確保を図ることを目的とする。

  2. 事業概要

    若年者や女性などに対し、建設業への理解の促進やイメージアップを行い、入職促進を図るとともに、新規入職者向けの人材育成プログラムなどの開発、並びに雇用型訓練を実施するなどして、若年技能者の育成・定着を図る。

    対象職種:建設業関連業種 14職種
    造園・鉄筋・建築大工・鳶・型枠施工・建築配管・左官・建築塗装・建築板金・防水施工・内装仕上・家具建具・タイル煉瓦・かわらぶき

  3. 実施期間

    平成29年度から3年間

新人技能者人材育成プログラムの公開開始!!

茨城県技能士会連合会に加盟の14技能士会から選抜された訓練プログラム開発委員が中心となり、平成29・30年度の2ヶ年に亘る開発期間を経て、ここに14技能士会のプログラムが完成し、公開の運びとなりました。
新人技能者や企業訓練指導関係者ばかりでなく、より多くの人達にアクセスして頂き、使い易いようにカスタマイズなどして、新人技能者人材育成にご活用頂ければ幸甚に存じます。平成30・31年度には、このプログラムを基にOJT.OFF-JTを組み合わせた、新人向け雇用型訓練を行ないました。
尚、ご活用にあたっては、以下事項にご留意頂きたく、宜しくお願い致します。

  1. 著作権は茨城県に有り、転用等する場合は、茨城県の許可を得て下さい。
    問合せ先:茨城県産業戦略部 労働政策課  TEL 029-301-3656
  2. 公開情報(新人技能者人材育成プログラム)を用いて行う一切の行為について、茨城県は何らの責任を負うものでは有りません。